FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/442-2a9b3cd3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2016/07/16付 週間かみゅかみゅチャート


01位 Bastille - Good Grief(NEW)
02位 twenty one pilots - Heathens(NEW)
03位 Beyonce - Sorry(05)
04位 Usher - Crash(NEW)
05位 Calvin Harris feat. Rihanna - This Is What You Came For(06)
06位 Whitney - No Woman(NEW)
07位 Tegan And Sara - Boyfriend(01)
08位 Beyonce - Hold Up(16)
09位 Kevin Gates feat. Trey Songz, Ty Dolla $ign & Jamie Foxx - Jam(RE)
10位 Ariana Grande - Into You(03)
11位 Marc E. Bassy feat. G-Eazy - You & Me(02)
12位 James Blake - Radio Silence(08)
13位 Shura - What's It Gonna Be?(13)
14位 Rae Sremmurd - Look Alive(07)
15位 Adele - Send My Love (To Your New Lover)(NEW)
16位 Kali Uchis feat. Steve Lacy & Vince Staples - Only Girl(11)
17位 Future feat. The Weeknd - Low Life(12)
18位 The Neighbourhood - Daddy Issues(09)
19位 T.I. feat. Marsha Ambrosius - Dope(04)
20位 Carrie Underwood - Church Bells(10)



結構前に紹介したKevin Gatesの"Jam"のミュージックビデオが公開されました。



やっぱいい曲ですね。




☆01位 Bastille - Good Grief



3年ぶりのニューアルバムがついに9月にリリースされる予定のBastilleの最新シングル!2013年にデビュー・アルバムをリリースして以降、UKでのブレイクがアメリカにも飛び火して"Pompeii"が全米で大ヒットして一気に知名度が上がったわけですが。その直前には"The Rhythm of the Night"と"Rhythm Is A Dancer"をサンプリングした異色のダンス・ポップ"Of the Night"をリリースしてたり、PBR&B路線の"bad_news"を発表したり、様々なアーティストのコラボ曲を収録したミックステープもリリースしたりと、変化球を投げ続けていたんですよね。で、正式なスタジオ・アルバムを発表するにあたって原点回帰って感じの路線に戻ってきました。キャッチーな曲揃いの今までの楽曲と比べても圧倒的にインパクト抜群のメロディーが印象的なインディー・ポップ・ソングになっています。女性の語りの部分は1985年の映画"Weird Science"からサンプリングしているそうです。これだけじゃなくてアレンジからもメロディーからもいろんな影響が感じられるのが面白いなって思いました。しかもこれ、ダン君が作詞作曲プロデュースまで単独で全部こなしてるってのは何気もっと評価されていいんじゃないかと思います。


☆02位 twenty one pilots - Heathens



2016年、まさかの完全にブレイクしちゃった2人組オルタナティブ・バンドtwenty one pilots、現在全米チャートで"Ride"が好調に推移してる中で発表された新曲は、既に話題沸騰で大きな期待がかかっている8月公開予定のアメコミ悪役集合映画"Suicide Squad"のサントラ用の楽曲になります。公開前から既に大ヒットが約束されてる映画のサントラといえば、昨年のEllie GouldingやThe Weekndを世界的ブレイクに導いたFifty Shades of Greyを思い出させますが、こちらも大ヒットしそうですねぇ。全米チャートでは初登場で14位を記録してます。モタモタした感じで甘ったるく歌ってるAメロがミソですね。ってわけで来週サントラからもう1曲かみゅかみゅチャートにエントリーします。


☆04位 Usher - Crash



7月に新作"Flawed"をリリースできればいいなって感じのUsherが遂にドロップした、新作からのリードシングル曲。Usherは"Climax"っていう自身の全キャリアにおいても最高傑作といえる楽曲を2010年代に入って輩出しておきながら、その直後に全キャリアにおいて最低最悪の糞曲"Scream"をヒットさせるという意味不明なことをしたせいで、何を出しても売れないモードに突入しちゃってた感はあるんですけどね。昨年何故かヒットしたDr. Lukeプロデュースの"I Don't Mind"も全く彼のキャリアにとってプラスにならない無難なポップ・ヒットになっちゃった感あるんですが、この曲もかなり試行錯誤が感じられますね。ようやく"Climax"が彼のキャリアにとって重要な1曲だと本人が気付いたのか、ポップな曲をやっても意味が無いことに気付いたのかわかんないですが、"Climax"の路線を踏襲したミニマムなエレクトロ・トラック上で円熟したファルセットを聴かせる地味な楽曲にはなってると思います。それでも弱いんじゃないかなぁ。R&B色が薄い気がするし。あとダンスが変。


☆06位 Whitney - No Woman



いまインディー・シーンで一番大きな注目を集めてる気がする、シカゴで結成されたバンドWhitney。Unknown Mortal Orchestraの元メンバーとかもいるらしいです。この曲は、各音楽メディアから絶賛されてるデビューアルバム"Light Upon the Lake"からのファーストシングル曲。Bon IverとかTobias Jesso Jr.とかを髣髴とさせる美しいメロディーが印象的なフォーク・ロックですね。


☆15位 Adele - Send My Love (To Your New Lover)



もうコレ以上売れなそうっていう段階になって遂にApple Musicでもストリーミングを解禁した、特大ヒットアルバム"25"からの3曲目のシングル曲。って、超名曲"When We Were Young"のプロモーション途中で放棄するなよって感じですが。Max MartinとShellbackプロデュースのポップな曲で普通に売れてるみたいですが、"When We Were Young"がちゃんと売れなかったの納得してないのでよくわかんないです← Wikipedia情報だと、Adele母さんはRyan Tedderとのレコーディング作業を終え、二人でランチを取ってる時に、流れてきたTaylor Swiftの"I Knew You Were Trouble."を聴いて「ワタシ、この曲好きだわ~」って言ったら、Tedderから「これをプロデュースしてるのはMax Martinだよ」って教えられたそうで。その後すぐにAdele母さんは、テイラーの曲の骨格を再構築してAmy Winehouseのアルバム"Frank"からのインスパイアされた楽曲を制作したらしいです。って書くとすごい曲に聴こえますが、テイラーのいいところもエイミーのいいところも全く生かされてないような気が(ここで、謎の権力に後ろから刺される)。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/442-2a9b3cd3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

かみゅかみゅ

Author:かみゅかみゅ
かみゅかみゅです。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。