Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/437-4e77c255

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2016/06/18付 週間かみゅかみゅチャート


01位 ZAYN - LIKE I WOULD(NEW)
02位 Ariana Grande - Into You(NEW)
03位 Beyonce - Hold Up(01)
04位 Dvsn - Hallucinations(NEW)
05位 Chelsea Lankes - Bullet(10)
06位 James Blake feat. Bon Iver - I Need a Forest Fire(03)
07位 P!nk - Just Like Fire(05)
08位 Justin Timberlake - CAN'T STOP THE FEELING!(04)
09位 Charli XCX - Vroom Vroom(07)
10位 Nick Jonas feat. Tove Lo - Close(14)
11位 Andra Day - Rise Up(NEW)
12位 Tegan And Sara - Boyfriend(16)
13位 Chance The Rapper feat. Saba - Angels(06)
14位 Future feat. The Weeknd - Low Life(11)
15位 Yuna feat. Usher - Crush(09)
16位 MUNA - Winterbreak(15)
17位 Desiigner - Panda(NEW)
18位 Glass Animals - Life Itself(02)
19位 Fifth Harmony feat. Ty Dolla $ign - Work from Home(13)
20位 Beyonce - Formation(08)



あんま意識してなかったですけど、2016年はアイドル戦国時代ですよね。
ってかアイドルが普通にかっこいい曲をやって、それを素直に好きになるのが普通にカッコいいって時代なわけで。
メーガンのこと毛嫌いしてましたが、なんか心配しなくてもこのまま消えそうな気がしてきました。
自分は他の人と違うことやっててクリエイティブだって勘違いしてそうだけど。
そもそも2000年代初頭のアイドル・リバイバルが今来るわけないし、ポップミュージックとして普通に完成度は高かったインシンクとかブリトニーが馬鹿にされてる感じがして全然好感持てないですが。


☆01位 ZAYN - LIKE I WOULD



ってわけで男性アイドル戦国時代にありながら、絶好調のゼイン君の新曲。全米1位とった"PILLOWTALK"に続いてオフィシャルでのセカンドシングルになります。ニック・ジョナスにビーバーにゼイン氏まで坊主になっちゃってる昨今ですがそれは置いといて、コレはよくできてますね!Disclosure以降って感じのダンストラックなんですけど、程よくR&B要素も入れててよく出来てると思います。何度も言ってますが、ゼインにはR&Bを歌うためのリズム感もグルーブも歌唱力もないのでこういうダンスナンバーのほうが合ってると思います。本人的には認めたくないとこだろうし、この曲がアルバムのボーナストラック扱いなのはそのせいだと思いますが。


☆02位 Ariana Grande - Into You



なんか今週の1位と2位は、狙ってる線がほぼ同じというか、2016年の最新モードを提示してる曲だと思います。もう名曲。この曲は、アリアナさんの出たばっかの最新アルバム"Dangerous Woman"からの正式なセカンドシングル曲。Max MartinとIlya Salmanzadehが共同プロデュースを手掛ける、アルバム中最もキャッチーなダンスナンバー。"One Last Time"で、彼女のボーカルを絶賛しましたけど、こういう彼女のエアリーで独特のツボをついてくるボーカルが最も映えるダンス・ディーヴァ路線に振り切ったのはすごく正しい選択だと思います。曲のクオリティーもめちゃくちゃ高いし。地味っちゃ地味ではあるんですけど。


04位 Dvsn - Hallucinations



Dvsnは、DrakeのOVO Soundsレーベルと今年契約したばかりのカナダ出身のR&Bデュオ。メンバーのプロデュース担当は、Drakeの"Hold On, We're Going Home"、"Hotline Bling"、そして最新シングルで彼に初の1位をもたらした"One Dance"のメインプロデュースを務めているNineteen85って人なんですね。ってわけで昨年末にデビューシングル"The Line"、"With Me"をリリースした時点でかなり注目されてました。今年出たアルバムもかなり評判が良くて今後どんどん露出度も高くなってくると思います。この曲は今年リリースされた曲なんですけど、Drake作品以上にR&B濃度の高い曲で素晴らしいですね。トラックもFKA Twigsとかみたいにドぎつくないし、ちゃんと歌を聴かせる感じが好感持てますね。


☆11位 Andra Day - Rise Up



Stevie Wonderがその歌声に惚れて、チャンスが巡り巡ってデビュー・アルバムリリースに至った30歳の新人R&BシンガーのAndra Dayさん。クリスマスシーズンにStevie WonderとコラボするCMも日本で話題になってましたね。デビュー・アルバムは昨年の8月にリリース済みなのですが、グラミー賞で(まさかの)Ellie Gouldingとのコラボで披露されたことなどが話題となった(某フリーライターさんがなぜかRihannaと勘違いしてましたが)この曲が徐々に注目を集め、ミュージックビデオも制作されるに至ったみたいです。ジャジーなソウル・ナンバーではありますが、そんな古典的なわけでもなくオルタナティブっぽい要素もあってウケがいいのはわかる気がします。


☆17位 Desiigner - Panda



DesiignerはGOOD Musicに所属している弱冠19歳のラッパー。御存知の通り、このデビュー曲がまさかの全米1位を獲得し大きな話題となっています。蟹江さんの新作の中の1曲に、この曲がサンプリングされてるのが大きな話題となり、ストリーミングが伸びて1位になったみたいですが、それにしてもこんなコアな曲が突然1位になるって、アメリカはすごい国ですね(笑。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/437-4e77c255

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

かみゅかみゅ

Author:かみゅかみゅ
かみゅかみゅです。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。