FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/436-decdb136

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2016/06/11付 週間かみゅかみゅチャート


01位 Beyonce - Hold Up(NEW)
02位 Glass Animals - Life Itself(NEW)
03位 James Blake feat. Bon Iver - I Need a Forest Fire(02)
04位 Justin Timberlake - CAN'T STOP THE FEELING!(01)
05位 P!nk - Just Like Fire(NEW)
06位 Chance The Rapper feat. Saba - Angels(NEW)
07位 Charli XCX - Vroom Vroom(NEW)
08位 Beyonce - Formation(03)
09位 Yuna feat. Usher - Crush(14)
10位 Chelsea Lankes - Bullet(04)
11位 Future feat. The Weeknd - Low Life(15)
12位 Radiohead - Burn the Witch(07)
13位 Fifth Harmony feat. Ty Dolla $ign - Work from Home(06)
14位 Nick Jonas feat. Tove Lo - Close(17)
15位 MUNA - Winterbreak(16)
16位 Tegan And Sara - Boyfriend(05)
17位 Parquet Courts - Dust(10)
18位 Azealia Banks - The Big Big Beat(08)
19位 ANOHNI - Drone Bomb Me(18)
20位 The 1975 - The Sound(19)



☆01位 Beyonce - Hold Up



素晴らしすぎるBeyonceの最新アルバム"Lemonade"からの1曲。この曲は、ビヨンセがバットを振り回しながら街を闊歩するミュージックビデオが大きな話題だったんですが(笑)、そんな話題性も手伝ってかアルバム中でもかなり人気の高い1曲で、全米チャートでも13位に初登場しました。エレンもこんなパロディー・ビデオを作ったりしてるし、ドレイクがふっとばされるビデオとかも人気だし、色々バズってます。曲の方も素晴らしくてですね、ソングライター陣にインディー系のトップアーティストであるVampire WeekendのEzra君やFather John Misty、Lana Del Rey作品でお馴染みのEmile Haynieが参加してまして、さらにプロデュースはDiploが手掛けるっていう。で、それだけじゃなくてYeah Yeah Yeahsの"Maps"っていう2000年代のいわゆるインディー・ロックの名曲と呼ばれてるような曲のサビのフレーズやSoulja Boyの"Turn My Swag On"のリリックを引用するっていう、もうこれでもかっていうくらいアイデアがつめ込まれた1曲なんですね。このレゲエっぽいトラックがもう素晴らしすぎますね。


☆02位 Glass Animals - Life Itself



このブログでもちょくちょく取り上げてるイギリスのインディー・ポップ・バンドGlass Animals、Joey Badassとのコラボ曲以来の新曲。今年中にリリース予定のセカンド・アルバム"How to be a Human Being"からのリードシングル曲になるみたいです。元々HIP-HOPっぽいビートをやったりオルタナティブR&Bっぽい曲をやってた人達ですが、この曲で完全にインディー・ポップの域を飛び越えてきた感じですね。2000年代前半のネットリしたビートをやってた頃のファレルみたいなサウンドで、歌い方までファレル意識してそうな感じなんですよね。サビの部分はまた違う要素入ってる気がするけど。このバンドは面白いので、今後も注目したいですねぇ。てかボーカルの子、ちょっと変人っぽいし面白い。


☆05位 P!nk - Just Like Fire



P!NK姐さんの久々の新曲は、アリス・イン・ワンダーランドの続編のサントラ曲。Max MartinとShellbackのプロデュース。もう10年位このポップロック路線やってて、ちょいちょい音楽性は変えてますけど、基本的に同じことをやってるのに売れ続けてるのはすごいですね。この曲も決して目新しいことやってるわけじゃないですけど、彼女十八番の強気なのに泣けるメロっていうのが今回もうまくハマってると思います。2010年代入ってからの彼女の名曲は"Try"な(異論は認めない)ので、そこら辺に近い感じの曲をやってくれるのは個人的に嬉しいし。


☆06位 Chance The Rapper feat. Saba - Angels



先日Apple Musicで先行配信されたアルバムも大絶賛されているChance The Rapper、そのアルバムからのリードシングル曲。自身のルーツについてラップしてる曲らしいです。この幻想的なトラックを手掛けるのは、BANKSの"Better"のプロデュースも手掛けたLidoによるもので、あと昨年無料配信されたアルバムでも話題だったThe Social Experimentも共同プロデュースを務めてるみたいです。


☆07位 Charli XCX - Vroom Vroom



Charli XCXが2月にリリースした同名のEPからのリードシングル曲。"Hey QT"や"When I Rule The World"、"Bitch I'm Madonna"などで一世を風靡した(?)Sophieがプロデュースを務めたエレクトロ・バブルガム・ポップって感じの曲。音自体はかなり攻めまくってますけどキャッチーだし、彼女自身はポップスターになるの諦めてなさそうな感じが。しかし、このタイトルは「おっぱいブルンブルン」しか連想されませんね。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/436-decdb136

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

かみゅかみゅ

Author:かみゅかみゅ
かみゅかみゅです。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。