Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/418-9e56004a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2016/03/26付 週間かみゅかみゅチャート

01位 Fifth Harmony feat. Ty Dolla $ign - Work From Home(NEW)
02位 Miguel - Waves (Tame Impala Remix)(NEW)
03位 Kevin Gates - 2 Phones(02)
04位 M.I.A. - Borders(NEW)
05位 Bibi Bourelly - Ego(01)
06位 Adele - When We Were Young(11)
07位 Kelly Clarkson - Piece By Piece(NEW)
08位 Beyonce - Formation(09)
09位 Alessia Cara - Wild Things(08)
10位 Troye Sivan - Youth(07)
11位 The Lumineers - Ophelia(05)
12位 Tourist - To Have You Back(NEW)
13位 Snakehips feat. Tinashe & Chance The Rapper - All My Friends(19)
14位 Demi Lovato - Stone Cold(04)
15位 Nina Nesbitt - Chewing Gum(10)
16位 Lauren Alaina - Next Boyfriend(12)
17位 Savages - Adore(18)
18位 Ellie Goulding - Something in the Way You Move(03)
19位 Selena Gomez - Hands To Myself(13)
20位 Nothing But Thieves - Trip Switch(17)



まずは、Alessia Caraの"Wild Things"のミュージックビデオ見てみましょう。



これ、彼女の本当の友人が出演してるらしいですね。青春っぽいビデオですけど、カメラワークも非常にカッコいいですね。



☆01位 Fifth Harmony feat. Ty Dolla $ign - Work From Home



アメリカが誇る現在最強のガールズグループFifth Harmonyの最高の新曲だ!!!!!コレを今聞かずに何を聴く!!!!!Ammoがプロデュースを担当したダンスR&Bナンバーで、このズンズン言ってる低音がもうね。リアーナの曲とタイトルも内容も被っちゃって急遽タイトルを"Work from Home"に変更したらしいですけど、万倍こっちのほうがいい曲じゃないですか。このチープさ、もう最高すぎでしょ。そして客演がTy Dolla $ignっていうのも、たまらないとこついてきますね~。全米チャートでは初登場でいきなり12位記録してるしヒット確実でしょう。この曲が収録される新作は5月20日に発売予定。


☆02位 Miguel - Waves (Tame Impala Remix)





昨年の年間かみゅかみゅチャートでも1位にしたアルバム"Wildheart"からの最新シングル曲。まぁいわゆるベッドでの情事について歌ってる曲ですが、まぁ要は波のように(以下自重)。アルバムバージョンはちょっとインディー・ロックよりなアプローチのアレンジになっててオフィシャルビデオも作られています。で、シングルカットにあたって制作されたのが今人気のラッパーTravis Scottを迎えたリミックスで、よりギターの音を前面に押し出しつつエレクトロ色を強めたダークな感じの仕上がりなんですけど。僕自身このリミックスがあまり好きではなく(苦笑)、ファンからの反応も微妙だったこともあってなのかはじめから計画してたことなのかわかんないですけど、その後もう3種類のリミックスを公開しまして、そのうちの1つがこのTame Impalaリミックスなんですね。美しいサイケ風の音なんですけど、原曲の良さを最大に引き出してて素晴らしいと思います。実際両者の相性はめちゃくちゃいいと思うんで、もうコラボアルバムでも出しちゃいなよ(雑)。


☆04位 M.I.A. - Borders



個性派アーティストM.I.A.さんが昨年末に公開し、Apple Music限定で公開したミュージックビデオも大きな話題を呼んでた新曲。"Borders"って「境界」って意味ですけど、これ難民について歌ってる曲なんですね。まぁいま難民の受け入れが大きな問題になってて世界的に大きなトピックとなってるわけですが、「政治ってなんなのよ。ボートに乗った人たち(つまり難民)をなんだと思ってるわけ?」と強烈なメッセージを投げかけてくる曲になっています。まぁそういうメッセージ性もありつつトラックはかなり先鋭的でカッコいいですね。ZAYNさんの全米No.1ヒット"PILLOWTALK"の作曲・プロデュースを務めていたLevi Lennoxがソングライターとして参加しています。


☆07位 Kelly Clarkson - Piece By Piece





昨年リリースされた最新アルバム"Piece By Piece"のタイトルトラックであり、サードシングル。昨年シングルカットされてラジオバージョンが制作・公開された際はそこまで大きな話題にはなってなかったんですけど、先日のアメリカンアイドルでのエモーショナルで素晴らしい歌唱が大きな話題となり、デジタルセールスが大きく伸び、全米チャートにも8位に初登場してきました。この曲、アルバムタイトルにするくらいなんで彼女にとってもかなり思い入れのある曲らしく、歌詞の内容がかなりパーソナルなんですよね。母親や自身を傷つけてきた生みの父親(いまは離婚済み)への痛烈な批判と、一方で素晴らしい男性と出会えて結婚し自身の子供も持つことができて今の自分は幸せであることを歌っているんですね。で、アメリカン・アイドルも今年で打ち切りになることが決まっていまして、自身が妊娠中であることなどとも合わせてパフォーマンス中に感極まったみたいですね。これは記憶に残るパフォーマンスだったと思うし、こういう売れ方をするのは非常にいいことですよね。


☆12位 Tourist - To Have You Back



TouristことWilliam Phillipsはエレクトロ系のアーティスト・プロデューサーで、Sam Smithの大ヒット曲"Stay With Me"の共作者としても知られる人。ついにデビューアルバムが今年リリースされる予定です。この曲はインスト系の曲ですが、2014年にはLianne La Havasやブレイク前のYears & Yearsなどとコラボレーションしてて、R&Bっぽいアプローチが出来るのが強いですね。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/418-9e56004a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

かみゅかみゅ

Author:かみゅかみゅ
かみゅかみゅです。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。