FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/417-f0e36bf0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2016/03/19付 週間かみゅかみゅチャート


01位 Bibi Bourelly - Ego(NEW)
02位 Kevin Gates - 2 Phones(NEW)
03位 Ellie Goulding - Something in the Way You Move(RE)
04位 Demi Lovato - Stone Cold(04)
05位 The Lumineers - Ophelia(02)
06位 Rihanna feat. Drake - Work(03)
07位 Troye Sivan - Youth(NEW)
08位 Alessia Cara - Wild Things(NEW)
09位 Beyonce - Formation(07)
10位 Nina Nesbitt - Chewing Gum(01)
11位 Adele - When We Were Young(09)
12位 Lauren Alaina - Next Boyfriend(06)
13位 Selena Gomez - Hands To Myself(10)
14位 4Minute - Hate(NEW)
15位 AlunaGeorge feat. Popcaan - I'm In Control(08)
16位 Porches - Be Apart(05)
17位 Nothing But Thieves - Trip Switch(19)
18位 Savages - Adore(12)
19位 Snakehips feat. Tinashe & Chance The Rapper - All My Friends(15)
20位 Coldplay - Hymn for the Weekend(11)



先週紹介し忘れてたので、Rihannaの"Work"のショボい二本立てビデオからどうぞ。



ついに、リアーナにとって14曲目の全米NO.1ヒットになりました。すごいね。


次は、エリゴルさん。アメリカでの2曲目のシングルに選ばれた"Something in the Way You Move"のビデオをどうぞ。



(ライブ映像を使った手抜きビデオにもかかわらず、ゴルコの相変わらず珍妙な動き、謎のドヤ顔、発光する衣装、バックの悦に浸った映像の数々、サビの部分のダサすぎる踊り、男性ダンサーとの謎の絡み、男性ダンサーの振付・・・・・・、色々面白すぎませんか?????ゴル子はなんなの??神なの????)


☆01位 Bibi Bourelly - Ego



Bibi BourellyはDef Jamとレーベル契約したドイツ出身の女性シンガーソングライターで、ロサンゼルスを拠点に活動してる21歳。彼女は、Rihannaの昨年のヒット曲"Bitch Better Have My Money"のソングライターとして関与してることで有名になったんですね。この"Bitch Better Have My Money"っていうフレーズ自体が、彼女がビートに合わせてフリースタイルで歌って思いついたものらしいです。その後もUsherの新曲"Chains"のソングライターとして関わり客演している他、「ビッチ金返せ」で気に入られたのか、Rihannaの最新アルバム収録の"Yeah, I Said It"(個人的に一番好きな曲)、"Higher"のソングライターとしても関わっています。そんな才能バリバリの彼女のソロシングルがこの曲。パワフルかつソウルフルな曲で、しかも"I won't ever ever ever ever ever give a fuck!"ていう印象的なフレーズも耳に残るし素晴らしいですね。シンガーとしてもかなり独特の声を持ってて大きなポテンシャル秘めてそう。Def Jamの新人女性、Alessia Caraもいて彼女もいてすごいね!安泰!


☆02位 Kevin Gates - 2 Phones



ルイジアナ出身のラッパーKevin Gatesの最新アルバム"Islah"から5曲目のシングル曲で、全米チャートの方も29位まで上がってきてる曲。タトゥーだらけのイカついルックスにかかわらず、この聴きやすさは!!曲の内容は「ドラッグの仕事と、私生活での女性との関係のために俺は2つの携帯電話もってるぜぇ!俺の携帯はリンリンリンリン鳴り止まないぜぇ!(つまり儲けもすごいし、彼女からの電話もひっきりなしに届いてモテモテって感じ?)」のありがちな歌詞なんですが、それをユーモラスかつどキャッチーに届ける彼の手腕はなかなかだと思います。トラックもカッコいいし、サビのわかりやすさも素晴らしい。大ヒットするかも。


☆07位 Troye Sivan - Youth



昨年、ついにデビュー・アルバム"Blue Nighbourhood"をリリースしたオーストラリア出身のシンガーTroye Sivan君ですが、そのアルバムからのリードシングル曲。これまでも彼の曲を一緒に手がけてきたAlex Hopeのほか、UKやオーストラリアで活躍するソングライターたちとの共作曲。ドリーム・ポップ風のカッコいいトラックに乗せたキャッチーなメロディーが印象的なナンバーで、タイトル通り青春について歌ってる曲。彼はゲイを公言していながらポップスターの階段を駆け上がるっていう(子役時代に俳優としてのキャリアがあるにしても)、異例の売れ方をしてるんですけど、彼みたいなのがポップスターとしてティーンからの支持を得てるのは興味深いし、いいことだと思いますね。シンガーとしての力量は正直まだまだな部分もありますが、独特の世界観をもってるし今後も期待できるのでは。彼の場合、男性ファンもそれなりに付きそうなタイプの音楽性だし。


☆08位 Alessia Cara - Wild Things



さて、Troye Sivanと並んでいまティーンから絶大な支持を得てそうなのが、このAlessia Caraであります。デビュー・アルバム"Know-It-All"から、まさかの大ヒットになった"Here"に続くセカンドシングル曲。プロデュースに、Frank Oceanを筆頭に最近のオルタナティブ系R&B/Hip-Hopを手掛けるMalayを迎えたR&Bポップナンバー。"Here"でもパーティーで孤独な気分を味わうっていう16歳の頃に本人が経験したことを歌詞にしてるのがやっぱ強烈でそれがティーンの支持につながってると思うんですけど、この曲もそういったアウトサイダーにいる子達に向けたアンセムソングって感じですね。このビデオでもファンの子達が冒頭で合唱してるバースで、"The cool kids aren't cool to me/They're not cooler than we are"なんていうリリックがあるんですが、すごいわかりやすいこと言ってるんですけど詩的で強烈に印象に残りますよね。こういうアウトサイダーに向けた楽曲みたいなのって5年位までKe$haやらLady GagaやらKaty Perryやらのいわゆるポップスターが発信してきたメッセージでもありますけど、Troye SivanやAlessia Caraのようなi実際にアウトサイダーとしてティーンを過ごしてきた同年代のアーティストがクールなオルタナティブ・ポップのサウンドに乗せてそういったメッセージを発信することが出来る今の時代ってすごいなって思うんですよね。Alessia Caraもカナダ出身でしかも非白人のフランス系の血筋だったと思うんですけど、このビデオのファン層見てても、たしかにティーンが多いんですけど、白人ブロンドの勝ち組女子みたいなのではなくて、いわゆる非白人系であったり、スクールカーストでいわゆる下の方にいそうな子だったりと、いわゆるちょっと外れた子達からの支持を得てるんだろうなーって思うし、すごく好感が持てますね。ちょっとずれるけどFifth Harmonyだっていわゆる典型的な勝ち組女子って感じではないし、ちょっとださい所もあるし、人種的にもそれぞれみんな違うルーツを持っててみたいなアイドルじゃないですか。彼女たちも音楽自体は結構尖ったものやってると思うし、そういう子達にいまティーンが熱狂してるのってすごくいい時代だと思うんですけどね。


☆14位 4Minute - Hate



韓国のアイドルグループ4MINUTEの最新EP"Act.7"からのリード曲。作曲・プロデュースにSkrillexが関わってることが話題の曲。哀愁漂うメロからサビに向かってダブステップ全開になっていく流れが痛快ですね。日本のアイドルもAfrojackみたいなダサいDJ迎えてダサダサの曲やってる場合じゃないと思います。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/417-f0e36bf0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

かみゅかみゅ

Author:かみゅかみゅ
かみゅかみゅです。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。