FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/385-cfa79f47

トラックバック

コメント

[C134]

100回達成おめでとうございます!
最近はビルボード以外のほぼ唯一の音楽情報としてたいへん重宝してます。
これからも楽しみにしてます!
(間違えてDowntownのコメントを1回前の記事に入れてしまいました。汚してしまいすみません。)
  • 2015-09-18 08:09
  • Tan mie
  • URL
  • 編集

[C137] Re: タイトルなし

Tan mieさん>>

ありがとうございます!毎週誰かが見てくれてるって実感がなかったら続かなかったと思います(笑)。
ビルボード以外の唯一の音楽情報がこのブログとなると、僕の偏った価値観を植え付けてしまいそうですが(笑)、大先輩にそう言っていただけて素直に嬉しいです!
ぜひこれからもよろしくお願いします!
(大丈夫です。多分誰も気づいてないです。)
  • 2015-10-03 13:27
  • かみゅかみゅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2015/09/26付 週間かみゅかみゅチャート

こんにちは。週間かみゅかみゅチャートついに100回目の更新です。わぁ、びっくり。

01位 Justin Bieber - What Do You Mean?(NEW)
02位 Kodaline - Love Will Set You Free(NEW)
03位 Jess Glynne - Don't Be So Hard On Yourself(NEW)
04位 Charlie Puth - One Call Away(02)
05位 The Neighbourhood - R.I.P. 2 My Youth(01)
06位 Macklemore & Ryan Lewis feat. Eric Nally, Melle Mel, Kool Moe Dee & Grandmaster Caz - Downtown(NEW)
07位 Florence + The Machine - Queen Of Peace(NEW)
08位 Demi Lovato - Cool For The Summer(03)
09位 The Weeknd - Can't Feel My Face(05)
10位 Lil Wayne & Charlie Puth - Nothing But Trouble(04)
11位 Jamie xx feat. Young Thug & Popcaan - I Know There's Gonna Be (Good Times)(15)
12位 Rita Ora feat. Chris Brown - Body On Me(10)
13位 Future feat. Drake - Where Ya At(07)
14位 Disclosure feat. Sam Smith - Omen(14)
15位 Janet Jackson feat. J. Cole - No Sleep(09)
16位 Drake - Energy(12)
17位 5 Seconds of Summer - She's Kind Hot(17)
18位 Tame Impala - Let It Happen(06)
19位 Skrillex & Diplo with Justin Bieber - Where Are You Now(RE)
20位 Diplo, CL, Riff Raff & OG Maco - Doctor Pepper(16)


正直100回も続くとは思ってなかったので、「あぁ~、よく頑張ったな~」って自画自賛しています。
気が向いたらかみゅかみゅチャートまとめ記事でも書きます。
ちなみに今週の初登場は5組中4組が今年すでにかみゅかみゅチャートで1位を記録してる強者揃いの神回になっています。
別に100回目だからと狙ったわけではないですが。
では、ニューエントリー行きましょう。


☆01位 Justin Bieber - What Do You Mean?



ここ2年くらいはゴシップネタも多く、お騒がせセレブ的なイメージが定着してしまった感のあるJustin Bieberでしたが、今年に入ってから改心をアピールし始め、実際変なゴシップはほとんどなくなり、世間の見る目も改善しつつある最近のビーバー君。まぁもともとビーバーの周りの大人達や悪友たちが彼を利用しようとしたりしてたためにあぁなってしまった感じはあったので、個人的には同情する部分も結構あったんですけど、こうやって大人の男性として戻ってきてくれたのがすごく嬉しいですね。すでにSkrillexとDiploのプロジェクトJack Uの"Where Are You Now?"のヒットしてたことが、彼の完全復活への足がかりになってた感じもありましたが、この新曲は30日間掛けて様々なアーティストがカウントダウンに参加する大々的なプロジェクトが行われたこともあって、もともと注目度が高かった上に、曲が公開されるやいなや、曲のクオリティーの高さも評価が高かったこともあり、iTunesのダウンロードチャートはダントツの1位。その3日後にはMTV Video Music Awardsに出演し、パフォーマンスを披露したんですけど、それが素晴らしかったこともあり(僕は感動で泣きました)、ストリーミング、ダウンロードが絶好調で、彼にとって初めてとなる全米1位を獲得する曲になりました。トロピカル・ハウス系のトラックに彼の淡白なボーカルが乗ったこの曲は、彼の"Boyfriend"のプロデュースなどでもお馴染みのMdLによるもの。本当にアーティストとして一皮むけた感ありますよね。10年代最強の男性アイドルってやっぱJustin Bieberなんだなぁって思った次第です。


☆02位 Kodaline - Love Will Set You Free



先日はサマーソニックで3度めの来日公演を行ったアイルランドの人気バンドKodaline。最新アルバム"Coming Up For Air"からの4曲目のシングルです。彼らの持ち味といえばバラードの印象が強いのかなぁって感じなのですが、今作からは"The One"がすでにUKで27位まで上がるヒットになりましたが、その"The One"にも匹敵する名バラードです。前作だと"High Hopes"に値するような曲なのかなって感じで、ちょっと地味でシンプルなイメージだった"The One"に比べるとオーラス系というか感動系のバラードですね。ミュージックビデオも彼らの素顔が見れる感じで素敵。


☆03位 Jess Glynne - Don't Be So Hard On Yourself



先日リリースされたデビュー・アルバム"I Cry When I Laugh"が当然のごとくUK1位を獲得した女性シンガーJess Glynne、アルバムからのリードシングルとしてリリースされたこの曲も当然のごとくUK1位を獲得しています。しかも彼女にとって5曲目のUK1位ヒットということで、イギリスの女性ソロアーティストではCherylと並んで1位タイの記録になったそうです。客演仕事でのヒットが3曲とはいえ、彼女の歌声の力が大きい部分はあるので、すごいですよね。この曲はUKではお馴染みの人気プロデューサーTMSによるもの。彼女の歌声の存在感が生きるメロディーが複雑な曲ですね。曲に恵まれてるなぁ。


☆06位 Macklemore & Ryan Lewis feat. Eric Nally, Melle Mel, Kool Moe Dee & Grandmaster Caz - Downtown



"Thrift Shop"や"Don't Hold Us"の大ヒットでインディーシーンからメジャー心での人気を獲得したHIP-HOPグループMacklemore & Ryan Lewis、先行公開されたEd Sheeran客演の曲に続く正式なニューシングルがこの曲。"Uptown Funk!"のヒットの流れを上手く組んだファンク・ソングになってます「あざとい」とか「狙いすぎ」って声もあるようですが、まぁ狙って入るだろうけど、ブルーノみたいなウザさはないけどなぁっていうのが僕の印象でした。しかもこの1曲の中にジャンル的にもメロディー的にも色んな要素が組み合わさってるのがすごく興味深いですね。あとボーカルでフィーチャーされてるEric Nallyって人のボーカルがすごいですね。Foxy Shazamってバンドのメンバーみたいなんですけど、明らかにフレディーを意識してそうな見た目と歌声で、音程があってるのかあってないのかわからないラインの難しいメロディーを豪快に歌い切っちゃうのに感心しました。すごいですね。


☆07位 Florence + The Machine - Queen Of Peace



先日は足を負傷しキャンセルになったFoo Fightersのヘッドライナーの代打を務め、ロック界では数少ない大物女性ボーカルアーティストとなりつつあるFlorence + the Machine、最新アルバム"How Big, How Blue, How Beautiful"からの3曲目のシングル。Arcarde Fire、Coldplayなどでお馴染みのロック系のプロデューサーMarkus DravsとFlorenceの共作曲です。バラードが多めの今作の中でもかなりインパクトのある曲だったんですけど、リリックのメッセージ性も含めて、今までの彼女の楽曲に近い路線ではあるのかなって思いました。その中でも生音っぽいロックサウンドなのが特徴的ですけどね。。アルバム始めはそこまでハマらなかったんですけど、どんどん中毒っぽくなってくるし彼女のいい意味での宗教的な感じが大好きです。相変わらずというか、彼女の歌唱力は本当に素晴らしいし、パフォーマンスもカッコいいし、今一番ライブで観たいアーティスト。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/385-cfa79f47

トラックバック

コメント

[C134]

100回達成おめでとうございます!
最近はビルボード以外のほぼ唯一の音楽情報としてたいへん重宝してます。
これからも楽しみにしてます!
(間違えてDowntownのコメントを1回前の記事に入れてしまいました。汚してしまいすみません。)
  • 2015-09-18 08:09
  • Tan mie
  • URL
  • 編集

[C137] Re: タイトルなし

Tan mieさん>>

ありがとうございます!毎週誰かが見てくれてるって実感がなかったら続かなかったと思います(笑)。
ビルボード以外の唯一の音楽情報がこのブログとなると、僕の偏った価値観を植え付けてしまいそうですが(笑)、大先輩にそう言っていただけて素直に嬉しいです!
ぜひこれからもよろしくお願いします!
(大丈夫です。多分誰も気づいてないです。)
  • 2015-10-03 13:27
  • かみゅかみゅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

かみゅかみゅ

Author:かみゅかみゅ
かみゅかみゅです。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。