FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/382-0607cdfc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2015/09/12付 週間かみゅかみゅチャート


01位 Tame Impala - Let It Happen(NEW)
02位 Rita Ora feat. Chris Brown - Body On Me(NEW)
03位 Diplo, CL, Riff Raff & OG Maco - Doctor Pepper(01)
04位 FKA twigs - In Time(NEW)
05位 Lil Wayne & Charlie Puth - Nothing But Trouble(02)
06位 The Weeknd - Can't Feel My Face(08)
07位 Demi Lovato - Cool For The Summer(04)
08位 Drake - Energy(NEW)
09位 Janet Jackson feat. J. Cole - No Sleep(03)
10位 BoA - Kiss My Lips(NEW)
11位 Robin Thicke feat. Nicki Minaj - Back Together(06)
12位 One Direction - Drag Me Down(09)
13位 5 Seconds of Summer - She's Kinda Hot(05)
14位 Alessia Cara - Here(11)
15位 Skrillex & Diplo with Justin Bieber - Where Are You Now(07)
16位 Jamie xx feat. Young Thug & Popcaan - I Know There's Gonna Be (Good Times)(12)
17位 Disclosure feat. Sam Smith - Omen(16)
18位 Foxes - Body Talk(15)
19位 A$AP Rocky feat. Rod Stewart, Miguel & Mark Ronson - Everyday(RE)
20位 Miguel feat. Kurupt - NWA(17)



Lil Wayne & Charlie PuthもA$AP RockyもPV公開されてるんですけど、Apple Music限定なんでまたいつかの機会に。
今日は手短にいきます。


☆01位 Tame Impala - Let It Happen



Kevin Parker率いるオーストラリアのサイケ・ロックバンドTame Impala、今年リリースされた3枚目となる最新スタジオ・アルバムで、彼らにとって初めてUSでもTOP10入り、批評家筋からも絶賛されてる『Currents』からのファーストシングル。とにかくKevin Parkerさんの書くメロディーの秀逸さが何よりこのバンドの強みですね。セカンドシングルの"'Cause I'm A Man"なんてメロディーだけ聴くと、哀愁っぷりと言い90年代のR&Bっぽい雰囲気を漂わせたりしてるんですが、この曲はちょっとディスコっぽい音が入ってたりして面白いです。これミュージックビデオでは短縮されてますが、元は8分近くある曲なんですけど、それを感じさせないくらいメロディーも立ってるし曲展開のしかたも面白すぎて気に入ってます。


☆02位 Rita Ora feat. Chris Brown - Body On Me



Calvin Harrisとの破局以降レコーディングをやり直してセカンド・アルバムを絶賛製作中のRita Oraの最新シングル。「華やかなカムバックに相応しい曲で戻ってきたかった(本人談)」彼女が今年最初にリリースした"Poison"はUKらしいポップソングでしたが、今回のシングルは趣向を変えてきました。Chris Brownを迎え、彼女にしてはかなりガッツリとR&B路線に取り組んでる曲になっています。Arianaの"Love Me Harder"から割とトレンドになってるちょっと90年代チックな音使いといい結構頑張りましたね。まぁリタ・オラじゃなければもっといい曲になってたと思いますが......。しかし、どこにでも出てくるクリブラ、なんでも歌えるから客演引っ張りだこですごいですね。しかしリタ・オラさん、意味もなくフェミニストであることを公言してるために、DV経験のあるクリブラとコラボしたことで叩かれまくってるそうです。まぁ原因はそれだけでなく、誰も望んでないのにエロ路線全開でクリブラと絡んでるから嫌悪感示されてますよね明らか。しかもこんだけ気合入れてきた曲、UKチャートでは爆死し、最高位23位止まりになっています。PV公開遅かったのもありますが、ヒットするんでしょうか。てか明らかにUS市場意識した曲だすとキッパリ拒否反応示すUK国民シビアすぎ......。なんですけどリタ・オラだとなんだか面白く思えてきますね。(だって今までゴリ押しで売れてたことが驚きだったし)


☆04位 FKA twigs - In Time



("In Time"の再生はだいたい07:10あたりから始まります。)
昨年リリースしたデビュー・アルバム"LP1"が大きな話題を集め、また人気俳優Robert Pattinsonと今年婚約も果たしたUKのシンガーソングライターFKA twigs。先日突如リリースされ話題となった最新EP"M3LL155X"(メリッサ)からの曲です。このEP収録曲5曲中4曲を使った長編ビデオクリップも公開されて注目を集めています。デビューアルバムではArcaやPaul EpWorthがプロデュースを担当していましたが、今回のEPではBeyonceのプロデュースで注目を浴びたBootsを全編で起用しています。まぁこの曲は違うみたいですが。奇天烈なトラックも、早口でまくし立てるところかもカッコ良いんですが、彼女の場合MVで見せる独特の存在感がすごいですね。そこが同じような路線のアーティストとの大きな差別化になってそう。


☆08位 Drake - Energy



Meek Millとのディス合戦でも話題のDrake。この曲は、今年頭にリリースされた有料ミックステープ(結局正式なスタジオ・アルバムではないっぽい)"If You're Reading This It's Too Late"からのファーストシングルになります。自らもOVO Soundsなるレーベルを立ち上げてPARTYNEXTDOORやILoveMakonnenといった新鋭を売り出してるDrakeさんですが、レーベルのボスであるRedmanとの不仲も伝わられていて、このアルバムもそういったパーソナルな面がフォーカスを当てられてるんですが、リードシングルであるこの曲も「俺は俺を引きずり落とそうとする奴らなんかには負けねぇぞ」って感じでちょっと今までの彼のリリックとは違う感じだし、先にApple Musicで先行公開されたこのビデオもちょっと風刺的内容になってますね。プロデュースはBoi-1daとOVO Soundsで売り出し中の新鋭OB O'Brien。


☆10位 BoA - Kiss My Lips



入れるの迷ったんだが、J-POPでもないしなーってことで入れてみた。韓国で8枚目の同名のタイトルのアルバムからリードシングル。先週も書いたけど、流行のUSUK輸入ダンス・ポップ一辺倒だったK-POPもどんどん音楽性が多様化してて、この曲なんか今流行のファンクっぽい音を取り入れた懐かしい感じのR&Bナンバーになっています。っていうのもソングライター陣にMarques Houston"Wonderful"やDanity Kane"Damaged"、Justin Bieber"Somebody To Love"なんかを手がけてきたR&B/HIP-HOP系のプロデューサーStereotypesが関わってるみたいですねぇ。





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kamiyalambert16.blog.fc2.com/tb.php/382-0607cdfc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

かみゅかみゅ

Author:かみゅかみゅ
かみゅかみゅです。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。